バリアフリー住宅専門会社エイコーハウスケア 障がい者・高齢者住宅専門会社エイコーハウスケア

宮城県知事許可
(般-18)第17661号

文字サイズ変更
文字サイズ大文字サイズ小

障害者・高齢者住宅専門会社 エイコー・ハウスケアごあいさつスタッフ紹介施工事例掲載記事紹介障害者スポーツ会社概要お問い合わせ

ごあいさつ

近年高齢者やハンディキャップ『障害者』の方々の要望に応えるかのようにバリア・フリーが一般化してきました。公共施設や人々の集う場所には車椅子トイレやスロープが当たり前のように設置するようになりました。我々ハンディをもつ者としてとても喜ばしい世の中になってはきていますが、まだ不備なところがあります。

個人宅のバリア・フリー住宅事情は【マニュアル化したバリア・フリー】や【思い込みのバリア・フリー】が横行しているのが現状です。生活しにくい家に我慢して住み続け代表取締役 佐々木英夫る、障害を設備に合わせて使い続ける。といったようなバリア・フリーが一般的です。

そんなマニュアル的なバリア・フリー住宅ではなく、ひとり・ひとりの障害・ひとつ・ひとつの障害を少しでも理解して建物や設備に反映していく本当のバリア・フリーに我々社員一同住環境を提言・提案する為の

100人100通りの
バリア・フリー


を目指し挑戦しています。

代表取締役 佐々木 英夫

代表取締役 佐々木英夫 プロフィール

経 歴

昭和33年4月4日 栗原郡鴬沢町生れ(現在栗原市)
昭和52年 宮城県立若柳高等学校 卒業
昭和53年 河北新報 営業部 入社
家業である河北新報細倉専売所を継ぐため
昭和55年 交通事故のため両下肢麻痺となり生涯車いす生活となる
昭和56年 退院後、家業の新聞販売店を手伝う
平成 元年 両親と共に泉市(現仙台市泉区)に転居
平成 2年 (株)第一印刷 入社
平成 6年 (株)仙台エアサイクル住建 入社
平成 8年 (株)いこい住宅 入社
平成12年 障がい者・高齢者住宅コンサルティング専門会社
(有)エイコー・ハウスケア設立
平成16年 障がい者差別をなくす条例を考える宮城連絡協議会委員就任
平成19年 障がい者雇用促進機構 協力専門家就任

趣味・特技

 車いすバスケットボール
'89 国体車いすバスケットボール大会 北海道・東北代表として出場

 

 車いすマラソン
'91 はまなす全国車いすマラソン大会 ハーフ準優勝
'92 東北車いすマラソン大会 ハーフ第3位
'92 大分国際車いすマラソン大会 ハーフ第10位入賞
'93 東北車いすマラソン大会 ハーフ準優勝
'96 ソルトレイクシティマラソン フルマラソン第2位
'97 ソルトレイクシティマラソン フルマラソン 優勝
'99 引 退  

生活信条

自ら障がいを持つ者として、この仕事を通して、障がい者・高齢者の人々やそのご家族の方々に、より良い住宅環境を考え、提供し、広めていきたいと考えています。


(有)エイコー・ハウスケア 宮城県仙台市泉区虹の丘4-15-18
tel 022-375-1521 fax022-375-1463
copyright(c)2007 eikoh-housecare ltd. all right reserved.